タグ別アーカイブ: 寿司三昧

img_1107ミュージシャンの喜多郎さんが、杵と臼を日本から持ってきて、すし三昧(ボールダーの『すしざんまい』は、日本のより古い)の駐車場で餅つきを始めたのは、20数年前。

喜多郎さんがカリフォルニアに引っ越しても、続いている新年の餅つき。

ダウンタウンの裁判所の前でしていた年もあり、道ゆく人が何百人と餅つきを見、餅を食べていった。

2年前から、またすし三昧に場所を戻し、こじんまりと。

喜多郎さんは、いらっしゃる年もあれば、いらっしゃらない年も。

写真の餅をついている男の子は、前に喜多郎さんが住んでいたところのご近所さんの姪御さんの息子さん。

今年は、例年になく暖かい新年で、外でのイベントにはありがたい。