タグ別アーカイブ: リー・クック

Screen Shot 2013-01-27 at 7.54.07 PMエンジェルリーディングのリーさん(リー•クック)とは、時々 ”Girls’ Night” と称して、いっしょに食事をしたり、食事+映画を見たりします。そして、リーさんのだんなさんがそれに加わることもあります。

今年最初のお食事は、イタリアン。久しぶりだったので、だんなさんも来てくれました。というわけで、“Girls’ and Boy’s Night” になりました。

イル•パスタイオは、家族経営のアットホームなイタリアンレストランです。生パスタなので、アルデンテにはならないんですけど、なぜかラビオリはアルデンテにできます。ラビオリも生だったと思うのですが、なぜリングイーニなどはアルデンテにできなくてラビオリはできるのかは不明、、、。P1060341

そして、ラビオリはかなり種類があります。マッシュルーム、なす、アスパラ、サーモン、、、、。

ラビオリやパスタの種類とソースを別に選べるのがまた楽しい♥ ソースのオプションもすごいですよ。私が一番好きなのはオーロラソース(トマトクリームソース)なんですけど、ここ三、四年乳製品食べるとおなか痛くなるので、最近は辛いアラビアータ。ここのレストランはじめてだというリーさんは、オーロラソースにしました。私は横目で「いいな〜、、、。」とちろちろ見ながら自分の食べてました。あ、もちろん私が頼んだアラビアータもおいしいですよ〜。

そして、私は食べれませんが、イカスミのパスタもあります。サラダもおいしいですよ〜。そして、パスタもソースもテイクアウトできます。

Screen Shot 2013-01-27 at 7.53.06 PM

イカスミのパスタ

お支払いの時に紙をくれて、連絡先を書いて置いて行くんですけど、毎日最後のお客さんが帰ってから、ワインの抽選があるんです。私は当たったことないんですけど、すし三昧のけいぞうくんが当たったことあるらしいです。必ず誰かは当たってるんだから、行けばいつかは当たるかも?

広告

P1060151_2

シンディとジョンが開いてくれた私のパーティでは、リーさんとシンディ・ジョンがプレゼントをくれました。まったくサプライズでした。

リーさんからは、ハート型の飾り(リーさん、これをすっごくかわいいと思って買わずにはいられなかったらしい)とビーワックス(蜜蝋)のキャンドルとローション。石けんかな?と思ったのは石けんの形をしたローションでした。

シンディとジョンからは、クリアークリスタル。しかも、私のため『このクリスタルはすべての人への愛とともに、他の誰をも傷つけることなくみのりに豊かさがもたらされる』というふうなプログラミングを二人でしてくれたクリスタル。P1060155_2

今年後半は、プレゼントをもらうことが多かったです。それもまったく予測しない時に。なんかとってもラッキーな気分です!

そして、一番の宝物は、そういうプレゼントをくれた人達、そしてその人達とのご縁です。


P1060117_2

リー(左)とシンディ(右)は仲良し

私が日本に帰るというので、シンディ(シンディ・モリス:Cindy Morris)、ジョン(ジョン・コーサ:John Corsa)が「じゃ、みのりのためにパーティ開かなくっちゃ」と。ええ?私のためにパーティしてくれるの?一ヶ月日本に帰るだけでパーティ開いてくれるなんて、、、。

食べ物はほとんどシンディが作ってくれました。私も三品持って行ったのですが、私が持って行ったものはケールサラダ、スモークサーモンとほうれん草のクリームパスタ、大学イモ。なんと実はシンディも鮭を焼いて、スイートポテトの品も一品作っていたのです。というわけでけっこうダブっちゃったんです。食べ物はシンクロしてないほうがみんな嬉しいかも。

P1060091_2

このごちそうを見よ!

デザートもシンディ。フルーツのパイとパーシモン・バー。パーシモンは柿です。ご多分にもれず、パイの横にはアイスクリームです。ボールダーは標高が高いので、オーブンで焼くデザートを作る時は、見たレシピを参考にしてかなり変えなければならないんですって。

P1060099_3

幽霊たちはエリック(右)
のどこがいいのか?

話はあちこち飛びましたが、エリックが旅行する時の宿泊先の幽霊に好かれて困る、というのでみんな笑い転げました。幽霊たちがエリックとお話したがるんですって。もちろんエリックはそんなのごめんだ、と言っていましたが、、、。そして、元々幽霊がいる所に自分が泊まろうとしたんだから、自分が出て行くしかないよね、って。幽霊に出て行け、と言わないところが彼らしい。


Screen shot 2012-11-29 at 4.47.23 PMマヤ歴が2012月12月21日に終わるということで、世界が終わるとか、あるいはアセンションが起こる、とか騒がれていますが、マヤの人達は、2012年12月21日は、始まりの日で、私たちがトランスフォーメーションのために宇宙と地球のエネルギーを使えるようになるドアが開く、と言っているそうです。ポータル(大きなエネルギーが入って来るドア)という言葉を使っています。

準備ができている人は、その恩恵が得れる、と。「準備ができてている」というのは、意識的に自分の問題に取り組んで成長し続けている、ということです。Screen shot 2012-11-29 at 4.47.06 PM

そして、その日にすべてがいきなりシフトするのではなく、変化はその日は始まりで、変化はゆっくり起こる、と。

ここまでは、ほとんどジョンがチャネリングしたものと同じです。

マヤでは、「蜂蜜でできた人間になる」と言われているのだそうです。それは、ミツバチのように、みんなが助け合って生きる世の中になる、ということです。

そして、その方向での意識を高めるため、もっとマヤの知恵を学ぶため、マヤの長老ミゲル(MiguelAngel)とのすてきなツアーをリーさん(リー・クック:Lee Cook)とティナ(ティナ・ウッド:Tina Wood)が計画しています。

Screen shot 2012-11-29 at 4.48.43 PMマヤの地でのサンクチュアリ:2013年2月1日〜10日

メキシコと中米には、今だに古いマヤの伝統に従って生活している人達がいます。マヤの長老たちは、世界中の人達にマヤの2012年の予言をきちんと理解してほしいと願い、理解のためのお手伝いもしてます。このツアーでは、マヤの人達といっしょに火の儀式をし、地球からパワーを受け取ります。また、まだ現代文明に荒らされていないレインフォーレストを通り、コモカルコ、パルンケ、ヤクチーランなどの古代都市を訪れます。長老ミゲルからマヤの話や教えを聞きながら、ウースマチンタ川をボートで上ったり、トニーナの迷宮に行ったりして、その土地のエネルギーを満喫して下さい。Screen shot 2012-11-23 at 6.49.58 PM

詳細、お問い合わせ・ご予約は、

http://www.adventurousSpiritTravel.com/

Tina@AdventurousSpiritTravel.com

日本語でのお問い合わせ・ご予約は、

tennyo.tennyo@gmail.com

まで。

*日本人の参加者が5人以上になったら通訳がつきます。

*ホテルの予約の関係上、2012年12月27日までに振込をする必要がありますので、お問い合わせ・ご予約はお早めに!


前にリーさん(リー・クック:Lee Cook)が、ボールダーの下には大きな大きなクリスタルが眠っているという言い伝えがあると言っていました。

この間、ジョンも(ジョン・コーサ:John Corsa)、ボールダーの下にはマザー・クリスタルが眠っているって。他にもマザー・クリスタルが地下深くにある場所があって、それはアメリカだとシャスタとかセドナとかハワイとか、他の国にもあって、日本は富士山の下、ペルーのマチュピチュ、スコットランド、アイルランド等々。全部パワースポットと言われる所です。

ジョンは、クリスタルを使うヒーラー。彼の部屋はクリスタルでいっぱいです。

リーさんのPHからの抜粋です。

ネイティブアメリカンのアラパホ族は、昔々ボールダーを「ホーム」と呼んでいました。ずっと昔この辺の湖の一つに800フィート(2500メートル近く)の高さのクリスタルが埋められたと伝えられています。本当のところそれが何なのか私たちにははっきりわからないのですが、ボールダーがとっても心地よくて安全な感じがする所であることは確かです。

クリスタルについて話す
ジョン


リーさん(リー・クック:Lee Cook)は、小さい時からエンジェルが見えて、もう二十数年エンジェルのメッセージを伝えることをお仕事にしているすてきな人です。彼女自身がエンジェルみたいなんです。

私は、彼女が日本人のクライエントさんのリーディングをする時に通訳をさせていただいていますが、いったいいつから始めたのか、もう何年になるのか覚えていません。十五年にはなるんじゃないか、と二人とも思ってるんですけど。

この日はミーティングのために、彼女のオフィスの下にあるベーカリー&カフェで会いました。彼女のPHを日本語にするにあたって、いろいろ話し合うことがあったのです。

まじめにミーティングしてるの?とお思いかもしれませんが、私たちはいつもこんな感じで笑いころげながらミーティングやエンジェルリーディングの仕事をしています。もちろん「甘いもの」も欠かせません。

前にいっしょにシャスタ山に行ったときも、帰りにサンフランシスコの空港で待っている間、お昼を抜いて二人でケーキ食べちゃいました。なんかそんなことするのが嬉しい女同士です。

リーさんのHPですが、英語でかまわない方は、こちらを見てみて下さいね。日本語訳できたら、またお知らせします。

http://www.conversationswiththeangels.com/