タグ別アーカイブ: コロラド

IMG_1511.jpgハローウインの前になると、あちこちのファームで、かぼちゃ狩りが行われる。

広い土地にかぼちゃがごろごろころがっていて、好きなかぼちゃを選んで買う。

顔の形に彫って、中にろうそくを入れるのである。

以前ツアーの時にお客様をお連れしたファームに行ったら、スクールバスが二台止まっていて、なんとちびっこの遠足であった。

そのファームでは、かぼちゃ狩りだけでなく、藁を積んで作った迷路もあり(かぼちゃ狩りができる所で迷路がある所はけっこうある)、他にも動物やら古い汽車やら子供達が喜びそうなものがあった。

img_1529こんな遠足楽しいだろうな。

もちろん、遠足の他にも何組か親子連れ。

よく晴れた秋の空にかぼちゃのオレンジが映える。

 

 

 

 

 

広告

IMG_5239ピンクが青空に映えるのがコロラドの春。

と言っても、春になってからまた雪が何度か降るのですが、、、。

そして、お天気のいい日で風が強いと、花吹雪がとってもきれい。

あちこちに見られるこのピンクは、りんごの一種。Crabappleといいます。そして、ここ北アメリカが原産地らしい。

ただ、りんごの実はそのままでは酸っぱすぎて食べられないので、ジャムなんかにして食べます。


 

Screen Shot 2015-02-19 at 4.51.45 PM

夜に鳴き声はしょっちゅう聞こえますが、お目にかかれるのはそんなに頻繁ではありません。

でも、今の所に引っ越してから、平均すると年に二回くらいは見ているかもしれません。

最初は、もしかしたら犬?と思い、近くに飼い主がいないかさがしてしまいました。飼い主がいないとわかり、じゃ、コヨーテかな?と。

たまたまパークレンジャーの人が近くにいて、今繁殖の時期だと教えてくれました。

私が見ている間に、何回も獲物を捕まえて食べていましたが、獲物が小物だったので、何回も必要だったのでしょうね。

 


冬でもお天気がいい日は、ぼこぼこ穴から顔を出しているプレーリードックたち。

時々、じゃれ合っているのを見て、いつかビデオにおさめたいと思っていました。何回か撮ってはいたのですが、けっこう遠かったりしていいのが撮れず、、、。

やっと、少し楽しそうな雰囲気が伝わるかも?と思えるのが撮れました。

いや〜、人間の子どもも動物の子どもも(って、もしかしたら大人かも)同じですね。いや、今時人間の子どものほうがこんなに無邪気に遊ばなくなってるかも。


IMG_2935これは、隼(はやぶさ)の一種です。英語では、American Kestrelと言いますが、調べてみたら、日本語では「アメリカチョウゲンボウ」。

顔がかわいい!!

調べてみたら、、、、

アメリカチョウゲンボウは、自分のリズムを見つけ、それに従って行動すること」や「思考と感情のバランスを取りながら、ちょうどいいタイミングをみはからって、思っていることを行動に移すこと」を教えてくれるのだそうです。

また、「適切な価値観」という意味もあるようです。

 


IMG_1250ここは桜の木が普通にしていては育たない所。

毎年私たちは植樹したあと、冬が来る前に幹にテープを巻いて霜などから守ります。

この辺で、「あれ?桜かな?」とか思うきれいな花は、実はりんご。花は美しいのですが、実はとっても酸っぱいらしい。

これもしばらく前に撮った写真なので、もう季節は過ぎていますが、ご紹介したいと思います。

 


今年の夏、うちの庭に、コマドリの子供がいました。

一匹は木の上にじっとしていて、もう一匹はコンクリートの上でなんとか飛ぼうとしていました。

少し高い木の上では、親鳥と思われるコマドリが盛んに鳴いていました。私がヒナ鳥のビデオや写真を撮っていたので、危険だと思ったのだと思います。

ごめんね、心配させて!!危害を加える気持ちは全然なかったんです!

飛べないヒナ鳥のほうも危険を察知してか、すぐにぴょんぴょん跳ねて隠れてしまいました。

次の日にはヒナ鳥も親鳥もいなかったので、すぐ飛べるようになったんでしょうか?