タグ別アーカイブ: コロラドスプリングス

Screen Shot 2016-02-15 at 9.25.03 AM.png1日目のマニトークリフドゥエリング(Manitou Cliff Dwellings) の次は、「神様のお庭」(The Garden of the Gods)。「神様」が複数形なので、「神々の庭」とか「神々の庭園」と訳されることも。

ここは、マニトークリフドゥエリングからすぐのところにあります。

マニトークリフドゥエリングの方から入ると、一番最初に見えるのが、このバランスロック。いきなり現れるので、お客さんの反応が楽しい!一応、セメントかなんかで固定してあるので、落ちてくる心配はないようです。

自然がこのすべてを造ったんですよね。あ、ここは、神様が造ったのかな。

とにかく一枚の岩の大きさが半端ではありません。

Screen Shot 2016-02-15 at 9.27.30 AM.pngもちろん、ネイティブアメリカンも神聖な場所としていた所です。儀式やビジョンクエストにも使われていました。また、異次元への扉があると信じられていたので、年をとって自分の寿命がきたと感じたネイティブは、別の世界へ移行するために、ここに来たと言われています。

ここでもう一つ有名な場所は、キッシングロック。二頭のらくだがキスをしているように見える、ということでこの名前がつけられたようです。私がお連れしたツアーのお客様の一人は、「らくだと亀がキスしてるようにみえるけど」とおっしゃっていました。確かに、右側は、亀に見える、、、。

広告

P1010850.JPGアニマルコミュニケーションの先生から、動物とリーディングやヒーリング、そしてパワースポットをメインにしたツアーをしてほしいと連絡をいただいた。

真冬でお天気がどうなるかわからないので、リーディングやヒーリング以外の部分は、お天気を見ながら柔軟に対応する、ということで、半分は「ミステリーツアー」っぽくすることにした。

1日目の最初にお連れしたのが、マニトークリフドゥエリング(Manitou Cliff Dwellings)。崖に作られたネイティブアメリカンの住居跡である。

IMG_2157.jpgコロラド州、ユタ州、アリゾナ州、ニューメキシコ州の四つの州がつながるあたりは、フォーコーナーズ(Four Corners)と呼ばれ、ネイティブアメリカンがたくさん住んでいた。したがって、遺跡などもそのあたりに集中している。ダイナマイトなどで遺跡を壊し、美しい壷などの貴重なものを盗む人たちがいて、それを憂えて、なんとか保存しようと立ち上がったのが、なんと大学生。

遺跡を移動する場所をさがし、ちょうどいいと判断されたのが、ここコロラドスプリングス(Colorado Springs)の近くのマニトースプリングス(Manitou Springs)。四年の年月をかけて、移された。

ツアーの方は、みなさんアニマルコミュニケーター。動物と言葉を介さずにお話ができる。エネルギーにも敏感で、この小さな三階建三世帯住宅の中は、ものすごいエネルギーだそう。

IMG_2164.jpgそして、ネイティブアメリカが穀物を石で砕いたりしたキッチン。ここもまたすばらしいエネルギーに満ちている。

一週間くらい前に雪が降り、雪やつららが残っているところに太陽の光が燦々と降り注ぎ、それはそれは豪華な景観があちこちで見られた。


IMG_5381

これが一家族の空間

ネイティブアメリカン系に興味がおありだということを知っていたので、今日、二日目は、ツアーのみなさんをコロラドスプリングスのネイティブ系の所にお連れしました。

最初は、Manitou Cliff Dwellings: マニトークリフドゥエリング。ここは、四つの州(コロラド、ユタ、アリゾナ、ニューメキシコ)が出会うフォーコーナーズと呼ばれる所にあった、アナサジの住居跡を移したもの。

前にもこのブログで紹介しましたが、ネイティブの貴重なものを守ろうと、大学生が立ち上がって、実現したことだそうです。

ネイティブたちはかなり身長が低かったらしく、天井は低いし、寒さをしのぐためみんなで固まって眠っていたということで、一家族の住居空間は驚くほど狭い。

となりに、実際にこの土地のネイティブが住んでいた住居跡の中を改造して作った博物館もあります。

IMG_5407

有名なバランスロック

次は、Garde of the Gods: 神様の庭。ここは、切り立った赤い岩が美しい。写真には入らないくらい大きな一枚岩もある。

有名なのは、バランスロック。どうして、こんな形で残っているの?

このバランスロックだけの写真もすごいけど、いろいろな角度から、人が石を持ち上げたりしているようにも写真が撮れます。

ほとんどが赤い岩なのですが、中には白い岩もあって、そのコントラストがまたおもしろいのです。

ここの自然は、まさに芸術品。神様って、芸術家なのね、と思える場所の一つです。神様の子どもの私たち人間が芸術家なのもうなづけます。

ここ、神様の庭もネイティブたちが集まってセレモニーなどをする所なのです。


Screen Shot 2013-08-06 at 6.11.53 PM

友達やお客様のボールダー滞在が四日、五日と少し長めになると連れていくのがコロラドスプリングス。ボールダーから車で一時間半から二時間南に行った所にあります。ちょっと遠いですけど、行けばいくつか見所があるので、一日堪能できます。

Screen Shot 2013-08-06 at 6.08.12 PM

きゃ〜、落ちて来る?
「バランスロック」

一番のおすすめは、「神の庭」。ネイティブアメリカンの聖地である「マニトースプリングス」のすぐ近くにあります。ネイティブアメリカンたちがどのように「神の庭」を見て、何をそこでしたのかは不明なのですが、儀式などをするためにいろいろな部族が訪れていたと考えられています。

赤い切り立った岩は圧巻です。ただ、切り立っていはいても鋭くないので、きつい感じはしません。なんか違う次元に入ったような不思議な感覚。

有名なのが、バランスロック。どうしてこんな形で残ってるの?っていう感じ。写し方によっては、おもしろい写真が撮れますよ。

そして、二頭のらくだがキスしているように見える「キッシングロック」。

IMG_0982

らくだに見えますか?

他にも変わった形の岩や、変わった並び方の所がたくさんあります。

中は一方通行が多いので、行き過ぎちゃったら元に戻るのが大変だったりしますが、あまり広くないので、すぐに全部見れちゃいます。

入場量は無料。

おみやげ屋さんも充実してますよ。