カテゴリー別アーカイブ: 植物

Screen Shot 2016-02-15 at 9.25.03 AM.png1日目のマニトークリフドゥエリング(Manitou Cliff Dwellings) の次は、「神様のお庭」(The Garden of the Gods)。「神様」が複数形なので、「神々の庭」とか「神々の庭園」と訳されることも。

ここは、マニトークリフドゥエリングからすぐのところにあります。

マニトークリフドゥエリングの方から入ると、一番最初に見えるのが、このバランスロック。いきなり現れるので、お客さんの反応が楽しい!一応、セメントかなんかで固定してあるので、落ちてくる心配はないようです。

自然がこのすべてを造ったんですよね。あ、ここは、神様が造ったのかな。

とにかく一枚の岩の大きさが半端ではありません。

Screen Shot 2016-02-15 at 9.27.30 AM.pngもちろん、ネイティブアメリカンも神聖な場所としていた所です。儀式やビジョンクエストにも使われていました。また、異次元への扉があると信じられていたので、年をとって自分の寿命がきたと感じたネイティブは、別の世界へ移行するために、ここに来たと言われています。

ここでもう一つ有名な場所は、キッシングロック。二頭のらくだがキスをしているように見える、ということでこの名前がつけられたようです。私がお連れしたツアーのお客様の一人は、「らくだと亀がキスしてるようにみえるけど」とおっしゃっていました。確かに、右側は、亀に見える、、、。

広告

IMG_5880今頃の季節は、なんだかいい匂いがするな〜、と思うと、ライラック。

もともと木らしい木ははえていなかったコロラドなので、ライラックももちろん外から持って来て植えたもの。

この辺には、かなり多く植えられているので、この時期はあっちでおこっちでもいい匂いがして、とっても嬉しい。

ただ、その季節ももうそろそろ終わりかな。

精油は作れない(作っても生の花に似たような匂いにならない)ようなので、「生」を満喫するしかありません。


IMG_5239ピンクが青空に映えるのがコロラドの春。

と言っても、春になってからまた雪が何度か降るのですが、、、。

そして、お天気のいい日で風が強いと、花吹雪がとってもきれい。

あちこちに見られるこのピンクは、りんごの一種。Crabappleといいます。そして、ここ北アメリカが原産地らしい。

ただ、りんごの実はそのままでは酸っぱすぎて食べられないので、ジャムなんかにして食べます。


IMG_4175明日から数日寒波が来るという予報を聞き、急いで桜の木のテーピングをしました。

桜は普通にしていたらコロラドでは育ちません。厳しい冬を越せないのです。

それで、毎年秋にはテーピングをして寒さから守ります。初雪くらいは大丈夫なのですが、今回は数日零下になるようなので、その前に絶対やっておかねば、と思いました。

アリゾナから遊びに来ている友達、めったにコロラドにある自分の部屋に帰って来ない友達などにも手伝ってもらって、間に合わせました、、、。

 


IMG_7497ハイキング中、上のほうがきらきら光っている草を発見。もうお昼近くになってはいたが、朝露がまだ残っていたのかな?と思って近づいてみた。どうも朝露ではない。そして、牛乳のような白い液体がのっかっているのもある。

先へ行くと、やはり同じ植物が花をつけていた。なんとなく牛乳のような液体がのっかっているのが花が咲く状態に近くなっているような感じがする。

黄色い花もけっこう光っている。小さな虫が来ていた。

うちに帰って調べてみると、キク科の植物。日本名はないので、日本にはない種類なのだろう。グリンデリア属となっている。俗名は、ゴムウイード(ゴム草?)と言い、ゴム樹脂を出す、と書いてる。あの乳白色の液体がゴム樹脂ということらしい。

IMG_7532この種類は、アメリカでも、コロラドと、コロラドの北のワイオミング、そしてコロラドの南のニューメキシコにしか生息しないらしい。

ネイティブアメリカンは、この植物を多目的に使っていたようだ。葉っぱはチューイングガムのように噛み、お茶にも使った。花は、うるしにかぶれた皮膚に塗り、また咳の治療にも使われた。

この植物は、現在でも喘息の治療に使われているという。


IMG_1250ここは桜の木が普通にしていては育たない所。

毎年私たちは植樹したあと、冬が来る前に幹にテープを巻いて霜などから守ります。

この辺で、「あれ?桜かな?」とか思うきれいな花は、実はりんご。花は美しいのですが、実はとっても酸っぱいらしい。

これもしばらく前に撮った写真なので、もう季節は過ぎていますが、ご紹介したいと思います。

 


IMG_0783昨日、27日(土)、桜の植樹をしました。

桜の種類はソメイヨシノ。計30本。場所は、South Boulder Recreation Centerがある公園。

コロラドは桜には寒すぎる場所なので、それなりにケアをしないと育ちません。今まで植えた桜の中にも生き残れなかったのもあります。今年は四月にさんざん雪が降り、桜の開花は望めませんでした。

でも、いつか満開の桜の木がたくさん並ぶ下でお花見を!を夢見て、毎年植樹を続けています。特に今年植えたのは池の周りで、咲いたら本当にきれいだと思います。池に散る桜吹雪、、、趣のある俳句でも作れそうな、、、(作俳人だったら、ってことですけど。)IMG_6722

ボールダー市がいつも場所をさがしてくれて、当日は朝は早くから穴を掘っておいてくれます。ですから、ボランティアの人たちは、穴に木を入れて土をかけ、支えの棒をたてるだけ。と言っても、けっこうそれも重労働です。

日本関係の方と地元の方がいっしょになって、汗をかきかき植えました。

終わったあとは、すし三昧からおいしいカレーのランチ。何人もの方がおかわりにいらっしゃいました。

IMG_0865そして、ボールダー太鼓「ひびき」のみなさんによる太鼓のパフォーマンス。その後ワークショップでたくさんの人に太鼓をたたかせてくれました。

ボールダー市は、場所を決めたり穴を掘ってくれるだけでなく、水をやったり、死んじゃった桜を植え替えたりもしてくれます。

また、姉妹都市の山形のコロラド交友協会様からも毎年桜を購入する寄付金をいただいています。

というわけで、たくさんの方々の協力があって、ボールダーで桜は生きているのです。

寒さにも弱いけど、暑さにも弱い私は、軽い熱射病にかなり、夜はずっと頭と顔がほってていました。アイスボックスに入れるシートを頭に載せて横になってましたが、寝た方が早い!と思い九時半には(精神的な満足感を抱きながら)寝ちゃいました。