シンディのニュースレターからの抜粋です。

Screen Shot 2015-05-18 at 3.58.40 PM水星は、神様のメッセンジャーと言われ、とってもいたずら好きです。その水星が、6月12日までの間、双子座の13度から4度まで逆行します。何百回も考え直す時間が与えられているということです。

双子座で水星が逆行している間は、なりたい自分になってみることができる、それもいろいろななりたい自分、って感じでしょうか。洋服を買いに行って、その瞬間「いいな」と思った服を着てみる、2、3分後にはもうその服はぴんと来なくて、またその瞬間に「これいいかも」と思った服を着てみる、みたいな。

あんなふうにもこんなふうにも考えてみて、、、つまり、同じものを黄色い眼鏡をかけて見たり、ピンクの眼鏡をかけて見たり、時には裸眼で見てみたり、、、つまり、親の価値観から見てみたり、友達の価値観から見てみたり、、、言い換えると、心を愛でいっぱいにして「必要な物はすべて手に入る」という視点から見てみたり、頭から湯気をたてながら「この世はひどい所だ」という視点から見てみたり、、、。

Screen Shot 2015-05-18 at 4.04.48 PMまた、「からまった糸をほどいてみる」のもいいかもしれません。「からまった糸」というのは、前に起こったある特定の出来事に対するあなたの見方•考え方のたとえです。少し時間をかけてほどいてみると、その出来事に対して、今までとはまったく別の見方ができるかもしれません。

今回の水星の逆行は、見たいように世界を見てみる自由を与えてくれます。その上、何回見方を変えてもいいなんて、すごいと思いませんか?どれくらいいろいろな見方ができるか、やってみてもいいと思います。言わば、思考のストレッチですね。最終的に自分に役に立つものだけキープすればいいのですから。最終的に決めるまでの間は、たくさん試してみればいいじゃないですか。

広告