ボールダーは、私が日本に帰っている間に初雪が降ったそうです。

さて、シンディのニュースレターの抜粋です。

CIMG1957_29月23日は、秋分の日。それは、太陽が、カーディナルサインの一つである天秤座の0°になる時です。

秋分の日は、昼と夜の長さが同じになり、秋分の日以降冬至の日までは、どんどん日が短くなっていきます。そして、すべてが内側に入って行きます。あなたは、自分の内側に入って、何を見つめ、何を育てたいでしょうか。春には、それが、愛となって外側に出て来ます。

秋分の日の次の日の24日、月が天秤座の1°になり、新月。新月の直前の一番暗い時期は、あなたの魂がその可能性を十分に発揮するのに邪魔になっている考えや信念を手放すのにいい時です。今回の新月は乙女座なので、女司祭のエネルギーで、あなたが自分のハイアーセルフとつながり、魂が実現しようとしていことを思い出すサポートをしてくれるでしょう。

また、太陽が天秤座に入るので、あなた自身の中のバランスを取るお手伝いもしてくれます。

新月のことは、また次のニュースレターで書こうと思っています。

広告