Screen Shot 2014-06-30 at 9.40.36 PM前にも紹介した、頼むティーやお茶の種類によってお湯の温度を変えるPekoeというカフェ。

鍼の先生に家庭教師をする月曜の朝にいつも行く。

私がいつも頼むのは、ジャスミンフラワーティー。

が、ベトナムのタピオカスターチから作られたボバ入りのティーを何度も見ていて、前から気になっていた、、、。

いつもは家庭教師終わって一時間で鍼の治療があるので、家庭教師の前にご飯はすませ、家庭教師後は水分取らないのだが、この日は事情があって家庭教師してから鍼の治療までに三時間もあったので、ボバティーを試してみる。

ご飯食べたあとだったし、おなかいっぱいになりたくないので、Mサイズにする。(MとLしかない。)種類は、オーソドックスな紅茶のボバティーと抹茶のボバティーの間で迷ったが、抹茶味大好きなので、抹茶ボバティーにしてみる。

お会計しようと思ったら、1回飲み物無料になるまでカードに回数がたまっていたようで、無料。しかも、デビンは気をきかせてLサイズにしてくれる。カードをもっていたらカードに回数が記録され、12回飲み物買ったら一回無料になるのだが、どんな飲み物でもどんなサイズでも無料なのだ。

IMG_2128一口飲んで、抹茶の味がとっても濃くって、おいし〜。甘みもっとあってもよかったから、甘味料足したけど、抹茶の味は、かなりいけてる。しかも、オーガニックの抹茶の粉を使ってるんだそうだ。

これ、フラプチーノみたいにしたら、もっとおいしいかも、、、。(私のおいしいものに対する欲望ははてしない。)

名前が、Matcha Doshuとなっていて、「Doshuってどういう意味?」と前に日本にお茶の勉強に行ったデビンに聞いたら、ネットで調べてくれた。「Masterって意味だって。」と答えてくれたが、日本語なのか中国語なのか、、、。

 

 

 

広告