占星術でストーリーテラーのケイトとチャネラーで身体のことがよくわかるエヴァの二回目のイベントがありました。IMG_0270

盛りだくさんだったので、一回では書ききれません。何回かに分けることにします。

前回と同じように、最初はケイトのストーリーテリングから始まりました。と言っても、今回は神話などはありませんでした。彼女自身の話と、他の人に実際にあった短いお話を、臨場感いっぱいに話してくれました。

春分の日のすぐあと、ということで、まずは、春が何を教えてくれるか。

1. ぐちゃぐちゃでいいんだ!:春なんて、雨降ったり、時々雪なんかも降ったりして、汚れやすいですよね。それでもいいのよ〜、ということです。

何事もきちんとしたいけど、そうじゃない時もあっていい、というのを他に人に言ってもらえると、安心します。

2. 小さなものの中にあるパワーに気づく:ほんの小さな種があとで大きな実を結ぶんですよね。

Screen Shot 2014-03-23 at 11.05.31 PM確かに、あんな小さな種が、大きくなり美しい花をつける、実がなる、ってよく考えると不思議です。

そして、占星術の話に入りました。最初は、ホロスコープは天気予報のようなものなんだそうです。なかなかおもしろい比喩です。

そのあと、逆行の嵐のおさらい。もう金星と水星は過ぎましたが、今は火星が逆行中。

「火星は、健康的なナルシシズムのエネルギーをもっている」んだそうです。いつも私、私、というのは健康的ではないけれど、まず自分を大事にする、自分の欲求やニーズを把握しきちんと表現できる、というのは健康的だと言っています。

自分のことは後回しにしがちな人が多いので、これはしっかり心にとめておいたほうがいいかも、と思いながら聞いていました。

そして、火星の逆行ですが、行動しようとする力が抑えられるし、すべてが予定通りに行かなかったりするようです。

だから、なんだかすごく不安になったりするし、プレッシャーも感じます。

こんな時こそ、うまくいかないことには理由があると思って、きちんと取り組むのが必要なんだそうです。

広告