近くのワナカレイクで、ぴょんぴょん飛び跳ねている金色の魚を初めて見たのは冬だったと思う。あちこちの池や湖が凍っている中、ここはなぜか凍ってなくて、しかもあっちでもこっちでも魚が飛び跳ねていた。

久しぶりに行ったワナカレイクで、また金色の魚を見る。強い太陽の光をあびて、きらきら輝く金色。

釣りをしている若い男の子に「ここにいる金色の魚は何なの?」と私が聞いているのを聞きつけて、近くを通りかかった犬と散歩している男に人が「鯉だよ。」と教えてくれた。どうもその若い男の子は釣りはしているけど、魚の種類だの名前だのはあまり知らないらしい、、、。

「金色の魚」ということで、なんだか金運がよくなりそうに思うのは私だけ??

広告