春が来たか!と思われたのに、四月に入ってけっこう雪が降り、まだ山にも道路脇にも雪が残っていますが、とりあえず今日は晴れ。

というわけで、春の声をお届けします。

ビデオを後で見てはじめてわかったのですが、一羽だけで鳴いてるんじゃないんですね。別の一羽とお話してるんです。こちらが鳴いて、向こうが鳴いて。時々待っても向こうからの返事がないと、またこちらから発信してます。その部分はこのビデオには入っていませんが、、、、。なんか誰かとメールの交換でもしていて、向こうからしばらく返事がなかったら、「前のメール届いてる?」とか「最近忙しいの?」ってもう一度メールしているような感じでしょうか。

相手の返事を待っている様子がまたかわいい!

この鳥の英語名はmeadowlark。日本語では「マキバドリ」だそうです。

ネイティブアメリカンの意味は、「楽しい内面への旅」「直感」などです。楽しいことが待っていることを示している、ということです。自分のワークが苦しいものではなくて、楽しいものだといいですよね。今ご自分のワークをきちんとなさっていて、なるべくラクで楽しいものになってほしいと願っている方は、偶然にこの鳥を見るのを待つのも一つですが、このビデオを何回も見てもいいかも??

広告