ふと見たら、駐車場のちょっとした空間でリスが忙しそうに何かを食べていました。この辺ではよく見かける、日本のシマリスよりずっと大きいリスです。

近くにはカラスがいて、けっこう大きい声で鳴いていて、そのカラスを気にしたのか、食べ物を一旦隠したんです。そのあと、カラスに気を配りながら、隠した食べ物を出して、また食べ始めました。顔に雪がくっついても気にしたないみたい。冷たくないのかな。

広告