月別アーカイブ: 3月 2013

三月下旬の雪がどかっと降った日。

着膨れたような、雪だるまのような、相撲取りのようなロビンを見ました。普通のサイズの二倍くらいに見えました。

毛をふくらませて、毛と毛の間に空間を作ると、温かいのだそうです。

ロビンの意味は、「成長や改善•更新への刺激」です。そして、どんな変化も喜びや笑いとともに経験できるということを教えてくれます。どうやったら外の変化に影響されず、自分の心の奥底の情熱に従えるかも示してくれます。


シンディのブログからの抜粋です。シンディ•ジョンのが続きますが、占星術ものはすぐにアップしないと意味がないので、許して〜。

どの星座のエネルギーにもその表れ方には幅があります。その星座の一番いい部分が出ている時と、一番ひどい部分が出ている時では、かなり違います。

牡羊座は、勇気があり、前に進んでいく力があります。

Screen Shot 2013-03-24 at 8.15.50 PM

“How about MEEEEEE~!”

ダイナミックな火星が支配する牡羊座の一番ひどい部分というのは、「傲慢」「攻撃的」、そして典型的なのは「私、私、私、、、」とか「僕のことはどうなの?」のような強い自己愛。英語では、”How about me?” “How about me?” という言い方をします。この牡羊座の最低の表れ方「自己中」には、正直言ってうんざりさせられることもあります。

実は、傲慢、あるいは攻撃的な出方をしている時、その裏には「恐れ」があるのですが、、、。

太陽や月、あるいは他の惑星、ノースノード、サウスノードが牡羊座に入ってる人、太陽と火星がコンジャンクションの人は、牡羊座のエネルギーを強く持っています。

今は、牡羊座のエネルギーでいっぱいの時期です。太陽、牡羊座の守護生である火星、そして混乱を引き起こす冥王星が牡羊座に入っていています。かっとなったり、過激に反応したり、傲慢な衝動にかられたりしがちです。正反対にある天秤座のエネルギー:ハーモニー、調和などを利用しながらうまく調節して、牡羊座のいい所、強さや勇気などを表現するようにして下さい。


シンディのニュースレターからの抜粋です。

593

黄色いクロッカス
自分に「やさしく」ね

魚座の夢見るようなぼ〜っとしたエネルギーのあとのこの牡羊座のエネルギーは、深い深い眠りの中で妖精の国にでも行っていたのが、現実に帰って来たような感じです。

牡羊座の太陽と反対にある天秤座の満月が、あなた自身との関係、そしてあなたと他の人の関係に焦点を当てます。私たちの多くは、他の人との関係を優先させて、自分自身との関係を後回しにしがちです。本当は、自分が最優先でなければならないのです。自分との関係が強く、愛に基づいてない場合、他の人との関係も難しく、誤解が多かったりして、心が傷つくようなものになりがちです。

人間が人間に、動物に、そしてこの美しい地球に長い間ひどいことをしてきましたが、それは、結局自分自身から離れてしまったこと、自分を愛してないことから起こっています。

私たちが、本当に自分のことを大切にし、自分の中の聖なる輝きとつながったら、自分を傷つけることはしないでしょうし、ひどい言葉や考え方を自分に対してしないでしょうし、他の人も傷つけたりしないはずなのです。

牡羊座は火星が支配する戦うエネルギーの星座です。競うのが好きだし、前へ前へと進む力を持っています。それが極端な方向に行くと、戦争とかになるのですが、ライトワーカーのみんさん、その同じ強いエネルギーをまず自分にやさしくすることに向け、そして他の人にやさしくすることに向けてはどうでしょうか。天秤座の満月がそれを助けてくれるはずです。やさしさ、そして愛をつねに選択して下さい。

他にも天上では惑星の間でいろいろなことが起きていて、私たちに揺さぶりをかけてきます。大きなトランスフォーメーションが起こりやすい時期になっています。あなたの中の女性性と男性性のバランスを取る時期でもあります。あなた自身を癒して下さい。自分に無条件の愛を与えて下さい。そうすると、自然に他の人や地球にも愛が流れて行きます。Screen Shot 2013-03-26 at 8.16.26 AM

このジェットコースターのような激しい時期は、レッドジャスパーがグラウンディングにいいでしょう。手に持つか、足の近くに置いておくといいですよ。レッドジャスパーにさわって、自分の足と地球がつながっているのを感じてみて下さい。


先日ジョンの所にお連れしたお客様に、ジョンがアセンデッドマスターからメッセージをもらってくれました。まったく無意識になってのチャネリングではないので、どこからどこまでがメッセージなのか、どこからどこまでがジョンが言っていることなのかわからないのですが、その日本人のお客様だけでなく誰が聞いても役に立つかもしれない部分があったので、ここでシェアさせていただきます。


mail先日、これからの生き方を模索していらっしゃる日本人の方から、シンディのセッションを受けたいと連絡があり、予約を取ってお連れしました。そのあとシンディの助言で、チャネラー•クリスタルヒーラーのジョンとも会うことになりました。その方の感想をシェアさせていただきます。

自分は今まで本当に心の奥で自分が求めている事が何であるのか分からずにいました。

この先自分がどのようにしていけばいいのか? 自分の役割は何なのか?

お二人に会うことで,少しでもいいきっかけが掴めればいい…そんな軽い気持ちでお会いしました。mail-2

しかし,お二人の魂のこもった一言一言は的確かつ魅力的で,自分の方向性を明確に示唆して頂きました。

お二人にお会いすることがなければ、自分の使命を知ることが出来なかったと思います。

素敵なお二人にお逢いし,素敵なアドバイスを頂きとても感謝しています。


Screen Shot 2013-02-22 at 7.31.46 PM日本語を教えていた時、四年生のクラスである女の生徒がアルバイトをしてるというので、「何してるの?」と聞いたら、「スペースシャトル作ってます」との答え。え〜!!うちの大学でスペースシャトル作ってるんだ、と驚いたおぼえがあります。

先日、前の生徒(そのスペースシャトルを作っていた生徒ではありません)から連絡が来て、「先生、スペースシャトル見てみたい?」と。そんなに簡単に見れるんだったら、もちろんです。

場所を調べてみたら、うちからけっこう近くて、ルームメートと「うちの近くにそんなでかいスペースあったっけ?」みたいな話をしていました。

実際に見てみたら、けっこう小さいんです。七人乗りだそうです。でも、これはコンピューターで操作して、実際に人は乗せないんですって。試験的に作ったということでした。

連れて行ってくれた生徒の友達がそのスペースシャトルを作るのに関わっているのですが、彼はスペースシャトルの外側の部分の厚さなどを計測したんだそうです。

それにしても、こんなに近くでそんなもの作ってたなんて、、、。


P1060817

慣れていて、恵美子さんのそばまで寄って来ました。

ロッキーにお客様をお連れしても、動物をたくさん見る日もあれば、まったく見ない日もあり、、、。日によるのか、お連れするお客様によるのか、、、、。

この日は、ロッキーに行く前にプレーリードッグがたくさん顔を出していて、ラマ(リャマ)をラマ(リャマ)牧場にも見に行って、なんとなく準備万端な気持ちでロッキーに行ったのですが、期待していた鹿やエルクが見れず。というわけで、いつも鴨とカナディアングースがいる池にお連れしました。この池は On The Other Side というレストランの裏にあり、レストランで池側の席を取ると、なかなかすてきなのです。鴨もガチョウも人に慣れていて、寄ってきました。

コヨーテ 4

軽やかに飛ぶように歩くコヨーテ

ボールダーにはまっすぐ帰らず、遠回りして帰ったのですが、その途中、野原を動く動物を発見。コヨーテでした。今まで何回もコヨーテは見ていますが、運転中で写真撮れない、とか、カメラを出した時にはもうすでに遠くに行っていて写真撮れない、とかばかりでした。先週ロッキーに行ったときも途中で子供のコヨーテを二匹見たのですが、いいカメラを持って行っていなくて、シャッターチャンスをまたまた逃し、泣く泣く帰って来たのでした。

この日は、あの涙を無駄にすまいと、去年サンタクロースからいただいたカメラを車に載せて行ったのです。さすが、さすが、今回はコヨーテの写真が撮れて、大満足!!デジタルズームを最大限に使わなければなりませんでしたが、、、。

夜、ディナーのあと運転していたら、またまたコヨーテが大きな道路を横切るのに遭遇。恵美子さんと二人で、いったいどんなメッセージなんだろう?と話していました。