DSC_0053前に私にCDをくれたピーター(ピーター•ケーター:Peter Kater)のことをもう少し紹介します。

ピーターがピアノを始めたのは、七歳の時です。ご多分にもれず、最初はクラシックでした。その後、ジャズでもかなり人気を得ましたが、なんかどうしてもピンと来なかったのだそうです。そこで、彼独特の音楽に行くようになります。

人はニューエイジとか言うかもしれないけど、彼自身は自分の音楽を特定のカテゴリーに入れてほしくないと言っています。

音楽は、彼にとって自分の人生や内面の表現です。だから彼の音楽は彼の成長とともに常に成長しているんです。前の自分の音楽を聞くと、「ああ、あのころの自分はこんな感じだったなあ」って思うんだそうです。_MG_9927 2

今が人生で一番いい、どんどん幸せになっていると言っているピーター。

コンサートは世界中で行っています。グラミー賞にノミネートされたこと八回。

ホームコンサートも行なっていて、去年の暮れのホームコンサートに私も招待してもらったのですが、私は日本帰国中で行けませんでした。とっても残念!!

スピリチュアルなハワイツアーもしています。ハワイ滞在中彼のピアノも聞けるようです。

私がもらった彼の一番新しいアルバムは、自分自身ときちんとつながりたい人のために、そして人生の転換期の人に作ったのだそうです。たとえば、仕事を失くした人、大切な人を亡くした人、あるいはただその日気分がよくないから気分を変えたい人のために。

彼自身、チャクラとかエネルギーには意識が高く、話をしていて心がとっても温かくなります。

広告