Screen shot 2012-11-29 at 8.36.24 AM今年の夏、ピアニストのピーター・ケーターとネイティブアメリカンのフルートのカルロス・ナカイのコンサートに行きました。ピーターのピアノは時にもすごく感情的で、時にものすごく穏やかで、もううっとりして聞いていたのです。体も心も魂まで喜んでいるのがわかりました。

なんとそのピーターが「すし三昧」と「有無」の常連さんだったのです。それで、どちらかに行くたびに会うんです。

「有無」のカウンターで隣に座った時のこと。「夏にコンサートに行ったんですよ。ピーターの音楽は、本当に魂にまで届く音楽ですね。私はヒーリングをするから、いくつかの曲は、ヒーリングにもいいと思ってるんです。」なんて話してたんです。

ピーターがくれた最新のアルバム

ピーターがくれた
最新のアルバム

しばらくしたら、ふといなくなって、お手洗いにでも行ってるのかなと思っていたら知らないうちに帰って来て、「これ最近リリースしたばっかりのCDなんだけど、、、。ヒーリングに使えると思うよ。」と CDをくれました。ええ〜?こんなことあっていいの〜?と思いながらありがたくいただくことにしました。

私はずっと「受け取る」のが下手だったので、最近はなるべく拒まずにありがた〜く受け取るようにしているのです。今年は、ワードでもレゲエのお兄ちゃんにDVDをもらっています。ちょっと前に実はものすごい大きなプレゼントをある人からいただいちゃいました。それは受け取るの難しかったのですが(いただく理由がないし大きすぎるので)、ここで拒んでは宇宙に「それは私には必要ない」とか「私にはもらう価値がない」と言っているようなものだと思い、ちょっと早いサンタクロースさんに深く深く感謝していただくことにしました。

さてCDですが、家に帰って聞いてみたら、なんと七つのチャクラそれぞれのためのCDではないですか。まさにヒーリングにぴったり。もらった時はよく見てなかったのすが、このアルバムの題も “Light Body” 「ライトボディ」なんです。

それで、彼とはまたお会いする機会があったので、後ほどきちんと紹介します。

広告