月別アーカイブ: 12月 2012

P1060151_2

シンディとジョンが開いてくれた私のパーティでは、リーさんとシンディ・ジョンがプレゼントをくれました。まったくサプライズでした。

リーさんからは、ハート型の飾り(リーさん、これをすっごくかわいいと思って買わずにはいられなかったらしい)とビーワックス(蜜蝋)のキャンドルとローション。石けんかな?と思ったのは石けんの形をしたローションでした。

シンディとジョンからは、クリアークリスタル。しかも、私のため『このクリスタルはすべての人への愛とともに、他の誰をも傷つけることなくみのりに豊かさがもたらされる』というふうなプログラミングを二人でしてくれたクリスタル。P1060155_2

今年後半は、プレゼントをもらうことが多かったです。それもまったく予測しない時に。なんかとってもラッキーな気分です!

そして、一番の宝物は、そういうプレゼントをくれた人達、そしてその人達とのご縁です。


P106016812月の初めに、領事館で天皇誕生日のパーティがありました。

着物姿の日本人が何人かいて、目を楽しませてくれました。帯も美しかったので、わざわざ帯も見せてもらって写真撮りました。

終わってから何人かと二次会で、デンバーの「すしでん」に行きました。

私お酒飲まないから知らないだけなのかもしれませんが、知らないお酒がずら〜っと並んでました。へええ、こんなお酒もあるんだ、と感心。P1060179

前菜は手作りのとうふを中華風のドレッシングでいただいて、メインは私以外の人は全員「ちらしずし」。な、な、なんと美しい!!おいしかったと思いますよ〜。

ここは、お吸い物がある数少ないお店。私は味噌汁をはじめ汁物なんでも好きなんですけど、お吸い物がまた特に好きなんです。「すしでん」に来たら、絶対チャンスを逃さずお吸い物を注文してます。というわけで、この時もお吸い物しっかり飲みました。

P1060172最後のほうはオーナーシェフのとしさんも席に来てくれました。そこで、まだ私が知らなかった「すしでん」すごさを話してくれました。それはまた今度紹介しますね。

としさんに、「すしでん」をどういうお店にしたいと思って経営しているのか聞いたら、「常に進化してるお店」、だそうです。今度、どんなふうに進化しているのかも聞いておきますね〜。


Screen shot 2012-11-29 at 8.36.24 AM今年の夏、ピアニストのピーター・ケーターとネイティブアメリカンのフルートのカルロス・ナカイのコンサートに行きました。ピーターのピアノは時にもすごく感情的で、時にものすごく穏やかで、もううっとりして聞いていたのです。体も心も魂まで喜んでいるのがわかりました。

なんとそのピーターが「すし三昧」と「有無」の常連さんだったのです。それで、どちらかに行くたびに会うんです。

「有無」のカウンターで隣に座った時のこと。「夏にコンサートに行ったんですよ。ピーターの音楽は、本当に魂にまで届く音楽ですね。私はヒーリングをするから、いくつかの曲は、ヒーリングにもいいと思ってるんです。」なんて話してたんです。

ピーターがくれた最新のアルバム

ピーターがくれた
最新のアルバム

しばらくしたら、ふといなくなって、お手洗いにでも行ってるのかなと思っていたら知らないうちに帰って来て、「これ最近リリースしたばっかりのCDなんだけど、、、。ヒーリングに使えると思うよ。」と CDをくれました。ええ〜?こんなことあっていいの〜?と思いながらありがたくいただくことにしました。

私はずっと「受け取る」のが下手だったので、最近はなるべく拒まずにありがた〜く受け取るようにしているのです。今年は、ワードでもレゲエのお兄ちゃんにDVDをもらっています。ちょっと前に実はものすごい大きなプレゼントをある人からいただいちゃいました。それは受け取るの難しかったのですが(いただく理由がないし大きすぎるので)、ここで拒んでは宇宙に「それは私には必要ない」とか「私にはもらう価値がない」と言っているようなものだと思い、ちょっと早いサンタクロースさんに深く深く感謝していただくことにしました。

さてCDですが、家に帰って聞いてみたら、なんと七つのチャクラそれぞれのためのCDではないですか。まさにヒーリングにぴったり。もらった時はよく見てなかったのすが、このアルバムの題も “Light Body” 「ライトボディ」なんです。

それで、彼とはまたお会いする機会があったので、後ほどきちんと紹介します。


DSCF0959_2よく山道を車で走っていて、黒いりすが道を横切るのを見かけました。いつか近くで見たいなあ、と思っていたら、アリゾナから来た友達とハイキングに行った時にウオーカー・ランチ・ループ(Walker Ranch Loop)という所の川で黒りすがいました。

ものすごい早さで食べ物食べてて(芸術的な食べ方!)、それを夢中になってビデオ撮ってたら、私たちがランチを食べたベンチに別の黒りすが来ていたようです。そちらは、私たちの食べ残しにあずかろうと、テーブルに登ろうとしてたんですって。アリゾナの友達がそばにいたので、テーブルの上まで上がるという大胆な行動には出なかったようです。私が地面に落としたおにぎりの一部はおなかに入ったことでしょう。DSCF0967_2

黒りすは、北アメリカではりす全体の1/10000だそうで、珍しいんですね。でもこの日見た二匹、かなり見た目が違うので、一匹は黒りすで、もう一匹は正式には違う名前なのかも??

ネイティブアメリカンのチョクトーという部族では、黒りすが月を食べるから日食が起こると信じられているんだそうです。確かに月でも食べそうな勢いで食べてましたよね、最初のりす。


シンディの先生マーク・ジョーンズ

シンディの先生
マーク・ジョーンズ

さて、何度もこのブログで紹介したシンディ(シンディ・モリス:Cindy Morris)がやっている占星術ですが、 Evolutionary Astrologyと言います。発音は、エボルーショナリー・アストローロジー(日本語ではなぜか「アストロジー」という表記をよく見ます)?

エボルーショナリーというのは「進化」という意味ですが、ここでは「魂の進化」を指しています。「転生輪廻を繰り返し、魂は成長している」という見方をします。

エボルーショナリー・アストローロジーでは、その人の魂が実現しようとしていること・成長しようとしている分野と、今生でそれを妨げているものを見ます。妨げているものというのは、子ども時代の環境とかトラウマとかで、それを克服すれば大きく成長できるということです。自分の成長のために適切なチャレンジを選んで生まれて来る、と考えているようです。

冥王星

冥王星

Pluto(冥王星)とNodes(ノード)(サウスノードとノースノード)に重点的に見るのだそうです。

シンディは正式にこのエボルーショナリー・アストローロジーの学校には行っていないので免許はもっていませんが、マーク・ジョーンズ(Mark Jones)というイギリスの先生について熱心に勉強しています。今年の夏も先生をこちらに呼んでワークショップを開いていました。

彼女はとってもわかりやすく説明してくれるし、気持ちがらくになり希望がもてるようなリーディングをしてくれます。まさに「魂の進化」のためのリーディングです。

みさおさんも受けられてブログに書かれていますので、体験談を聞きたい方は、

http://shasta.exblog.jp/

を参照下さい。

シンディのリーディングご希望の方は、シンディのHPから連絡して下さい。(近々日本語版のHPもできます)

http://www.priestessastrology.com/

通訳つきでリーディングを受けたい方は、村田みのりまでメールでご連絡下さい。スカイプや電話でできますよ。

tennyo.tennyo@gmail.com


P1050995

右:受付のお姉さん
左:私たちのツアーガイド

ニューベルジンのビールツアー第三弾、今回は従業員の扱いと働く環境についてです。

働いて一年たつと自転車がもらえることは前に書きましたが、その他に会社のオーナーの権利の一部を所有することができるのです。ということは、経営のほうにも参加できるということです。

五年後、十年後とかにもお楽しみがあるみたいですよ。ベルギー旅行もプレゼントしてくれるんですって。

働く環境も整えられていて、しかも楽しい雰囲気。工場にピンポンの台があったり、なんとロッククライミング練習用の壁まであったり。二十年勤務している人が、楽しいことを考える役を与えられたという話です。

P1060003

オーブだらけ
楽しそうでしょ?

とにかくアットホーム。会社自体、従業員たちの仲の良さって、お客さんにも気持ちがいいですよね。辞める従業員ほとんどいないようです。

見て下さい、いっしょに行った尚さんと中道っちゃんの写真にたくさんのオーブが、、、。オーブって、神社とかの写真にも現れるんですけど、子どもが楽しく遊んでいる写真にもよく見られるそうです。神秘的な場所の他に「楽しいエネルギー」の所に見られると聞きました。この場所自体がすごいのでしょうか?それともこの二人がよっぽど楽しかったのでしょうか??


DSCF1123_2ボールダーには何カ所かラマ(リャマ)牧場があります。いつも車で通り過ぎていましたが、ちゃんと車おりて、じっくり顔を見させてもらいました。しかもアップで。う〜ん、かわいい!表情がまたおっとりしてて癒し系です。

なぜか、二頭、けんかしてる?じゃれてるのがいて、けっこう長い間やってました。ルームメートがビデオを見て、ラマ(リャマ)がレスリングやってる!って言ってました。

ラマ(リャマ)って、こぶはないけどラクダ科なんですって。重い荷物を背中に背負って運んでくれる、人間を助けてくれる動物ですよね。DSCF1126_2

ラマ(リャマ)を見たときは、足もとを確かめて進みなさい、ゆっくり気をつけて山を登りなさい、っていうメッセージなんだそうです。物事を急いでやって失敗したりしないように。ハードワークのためのエネルギーを与え、責任感や忍耐も教えてくれる動物です。

私は偶然見たんじゃなくて、わざわざ見に行ったんですから、今の私に必要なメッセージなんだろうな、って思います。でも、ハードワークも責任感も忍耐もつらいと思ってやるんじゃなくて、楽しんでやりたいと思っていますが、、、。で、「忍耐」って言葉聞いただけで大変そうなので、「気長に〜」と思ってやることにします。