実際に触れます(写真に)

前に虎を紹介した、アニマル・サンクチュアリですが、保護されてすぐは、まず違う環境に慣れるために、隔離されるようです。そこで慣れて、適切だと判断されたら同じ動物がいる所に移されます。とにかく動物の身になっていろいろ考えられ決められています。

食後

とにかく広いんです。720エーカーって書いてありますが、それがどれくらいなのか検討もつきません。ただ、ライオンや虎、熊なんかが、かなり自由に歩き回ることができる、という事実は行けばわかります。

動物の種類はそんなにたくさんではありませんが、家族は家族で暮らしていて、なるべく動物にとっていい環境を与えようという意図がはっきり見られます。

やっぱり肉球

そして、私たちはかなり上のほうから動物を見ます。上から見られると動物は危険だと思わないらしいです。

今回は、ホワイトタイガーの昼寝です。まだ小さいおりに一頭だけ入れられた状態でした。

午後に行ったら、ほとんどの動物が寝てて、写真は昼寝の写真ばかり、、、。

というわけで、ビデオも「ベンガルトラのお昼寝」です。サイズが違うだけで、格好とかやること猫と同じだなあ、と思いますが、やはりでかい。左前足がかわいい。地面に着きそうで、なぜか着かない、、、、。どんな夢見てるんでしょう??

鳥がものすごくたくさんいて、バックに取りの声も聞こえます。

広告