7キロ強のターキー

昨日は、サンクスギビング:感謝祭でした。感謝祭はアメリカとカナダだけの祝日です。

もともとは、アメリカに移住して厳しい冬を過ごす人を、ネイティブアメリカンが助け、次の年ネイティブアメリカンに感謝を示したのが始まりらしいです。でも、多くのネイティブアメリカンが移住者によって殺されたりひどい目にあったので、感謝祭を祝いたくない人もアメリカにはいるようです。

ただ、多くのアメリカ人が一番好きな祝日です。というのは、おいしいものをたくさん食べられるから。

私は毎年すし三昧と居酒屋「有無」のオーナーの尚さんの家のパーティに呼ばれます。パーティを二つ三つかけもちする人もいます。(私もかけもちした年もありました。)

尚さんの奥さんはアメリカ人なので、伝統的な感謝祭の食べ物:ターキー、スタッフィング、マッシュポテト、パイなどが出されますが、尚さんは日本人だし、お客さんの中にも日本人がいるので、和洋いりまじった食べ物になります。

「飲む飲む」の二人

今年はお客さんの数が少なめで15、6人。だから、ターキーも小さめで、16ポンド(7キロ強)。でも、他の食べ物は例年通り豪華。いや〜、食べた、食べた。そして「飲んだ飲んだ」の人も、、、。

 

広告