久しぶりに会う中道ちゃんと居酒屋「有無」に行きました。

中道ちゃんは、フリーランスのテレビのディレクターで、アメリカのメイジャーリーグで活躍する日本人選手(ダルビッシュとか)をレポートしています。ボールダーから30分くらいの隣町:ゴールデンに部屋を借りているものの、ほとんどはアメリカ中を飛び回っています。たまに帰って来た時には、だいたいこの「有無」に集合。おいしい日本食が食べたくなるみたいです。

中道っちゃんは、前から万歩計をつけていましたが、今回新しいナイキのフューエルバンドの白が手に入った、と見せてくれました。I-phoneともつながっていて、どれだけ歩いたかだけじゃなくて、日常の普通の活動の活動量も計算してくれます。健康志向のボールダーにはぴったり。

手前は「パイタン鍋」
残ったスープにラーメン
入れてくれて二度おいしい

話は、フューエルバンドから、英語の聞き取りが難しい、という話になり、休みの日でも(あるいは休みの日だからこそ?)英語の聞き取りのために映画見たり、前に見た映画の音だけを聞いたりしているそうです。常に向上を目指す姿がすごい!

カウンターに座りたい
尚さん

さて、「有無」ですが、アメリカには寿司屋はたくさんありますが、居酒屋は珍しい。「有無」の隣には、すし三昧という寿司屋もあって、オーナーはどちらも尚さん。

「有無」は、尚さんが自分がお客としてカウンターに座りたいお店を、と思って作ったお店です。だから、カウンターの向こうで仕事をする日は、「仕事なんてしないでそっちに座りたいんだけどな。」とぶつぶつ言いながら仕事している変なオーナーです。彼自身が食べておいしいものを出してるし、もちろんお酒も大好きなので、お酒のセレクションも豊富です。

ちなみに、前にボールダーにいたしゅん君の家(新潟)で作っている「麒麟山」も置いてありますよ〜。

広告