セレスティアルシーズニングは、ボールダーにあるんですよ。今回お客さんが来ていたので、十数年ぶりにティーツアーに行ってきました。ツアーは無料で、入場チケットはサンプルのティーでした。しゃれてます。

この日の
ツアー入場チケット

工場に入ると、すぐにいろいろなハーブのにおい。歩いていくにつれて、ないおいが変わるんです。ハーブを置いてある場所が違うので。

ペパーミントはミント専用の部屋があるんです。においが強く他のハーブににおいが移っちゃうんですって。さすが隔離されているだけあってすっごいパワーでした。私は最初に目に来ました。鼻もすーっと通りましたよ。

もう四十年以上も前、山にハーブを取りに行って自分でブレンドし、家族や友達にプレゼントとして配っていたティーがあまりにおいしいので、家族や友達にあげるだけでなく商品として売ったほうがいいと言われ、最初はスーパーとかに置いてもらい、すぐ売り切れるようになり、、、、、というわけでここまで大きくなっちゃったんだそうです。

35カ国から品質の高いハーブを取り寄せているということです。

ホワイトティーもブラックティー(紅茶、ウーロン茶など)も緑茶も全部同じ植物なんですって。いつ葉っぱを摘むか、どうやって加工するかが違うということです。私はなぜかホワイトティーが一番カフェインが少ないと思っていたのですが、緑茶が一番カフェインが少ないんだそうです。

パッケージの原画?

元々プレーリードッグが住んでいた所に工場を建てたので、動物好きのボールダーの人達からはバッシングもあったんですけど、創始のいきさつや、どうやってハーブやお茶の葉っぱの品質をキープしているかとか、紙を節約するようにしているかとか説明を聞いたら、かなり好感がもてました。パッケージもかわいいし。あ、それは関係ないか。

広告