シンディ(シンディ・モリス:Cindy Morris)とジョン(ジョン・コーサ:John Corsa)の「セルフケア」のイベントの続きです。

クリスタルのグリッドに
エネルギーを通すジョン

毎回イベントが始まる前に、ジョンは会場にクリスタルを置いて、グリッドを作ります。そのグリッドの中はエネルギーがすごく強くなるんです。シンディとジョン、そして参加者はそのグリッドの中でイベントをするんです。クリスタルやグリッドについてはまた書きますね。

セルフケアと関連して、ジョンは、直感を信じること・養うことの大切さを説きました。

ジョンは、自分のガイドやアセンデット・マスターとつながっている人です。

「ある時、ニューヨークで地下鉄に乗っていて、「降りなさい!」と聞こえたんだ。「降りなさい!降りなさい!」ってしつこく。ガイドたちは、しつこく言わないと僕が言うこときかないの知ってるんだよね。それで、しかたないなあ、と思って降りて、上に出たとたん停電になったんだ。電車に乗っていた人は、ひどい人で八時間も閉じ込められてたらしい。多くの人は直感を感じてるのに無視してると思うんだ。もっと自分が感じていることに耳を傾ける練習をしていったらいいんじゃないかと思うよ。それってセルフケアにもつながるし、大変な時期(大変だと思う必要もないんだけど)を乗り切るのにも必要なことだと思うよ。」

そして、シンディも

「フランク・ショーターの壁絵なんていつも見てるんだけど、気にしたことなんてなかったわ。それが、この間そばを通ったら妙に気になって、彼ってまだ胃きてるのかなあ、とか思っちゃったの。そしたら、二分後に本人にばったり会っちゃって。そのあとテレビで60歳の誕生日を迎えましたってやってたわ。これって別に重要なことじゃないんだけど、こういう感覚に意識を向けて、直感を養ってのって大切なことだと思うわ。」

広告