友達が “The Secret” (ザ・シークレット) のDVDを貸してくれたので、久々に見直しました。願いはかなう!

で、なぜか「ムース見たい!」と思ったのです。(ムースは日本語で「ヘラジカ」と言います。)去年から「ムース見た」っていうのをよく聞くようになり、私も見たいと思っていたので、まず「ムース見たい!」を実現させたいな、と。

子ムース

次の日、ブレナードレイク(Brainard Lake) にハイキングに行ったらなんと、ムースの母子が、、、、。すごいな、願った次の日に実現するなんて!

そのムースたち、母もでかいが、子(二頭)もでかい!子どもたちは生後一年以内だそうですが、普通の雄鹿ぐらいはあったと思います。

母「うふっ」

ムースのイラストとかよく見ると笑っているように見えるんですけど、やはり写真見てみたら笑ってるように見える、、、、。でも、口に見えるのは鼻みたいです。

コロラドはロッキー山脈が通っていて、ロッキーの西側、東側があり、ボールダーやデンバーは東側にあります。ムースはほとんど西側にしかいなかったのが、なぜか二年くらい前から東側でもけっこう見られるようになったのだそうです。

あとで写真を友達に見せたら、「みのり、いったいムースとはどれくらい離れてたの?」と聞かれ、「ええと、5メートルとかかなあ」と答えたら、「あんた、危ないのよ!」としかられました。特に小さい子どもといっしょの母ムースは、子どもを守るため近づく人間を攻撃したりするんだそうです。他の人も「母ムースはすごく怖いんだよ。」と言っていました。

私、前にもガラガラヘビだと知らずに、1メートルくらい近づいて写真撮ってたことがあるんですよね。あとでガラガラヘビだとわかって、びびりました。

広告