夏の終わりに、来年のツアーの下見をしに、日没を目指してロッキーマウテン国立公園に行きました。

角りっぱすぎ!

友達を連れて行ったので、目的地まで行く間いくつかいいスポットに止まって、自然を満喫。雄のエルクにも出会いました。角が大きすぎて林の中に入って行くのに四苦八苦してました。

目的地近くまで行ってもなぜか目的地が見つからず、うろうろしているとエルクの群れに出くわしてしまい、しかもふと目についたのが、段ボール箱で遊ぶ一頭のエルク、、、、、。

おしり向けててごめんなさい!

私が最初に見つけた時には、道の右側で段ボールを蹴っていて、そのうち蹴りながら道路を渡り、左側で遊び続けました。カメラを取り出したりしているのに時間がかかり、ビデオを撮り始めたのは、左側に写ってからなのですが、そうしているうちに太陽は沈んでしまい、目的地をさがしあてた時には日没の写真は撮れず、、、、、でも人生そんなこと多いかも?ロッキーの日没の写真はまた撮れるけど、段ボールで遊ぶエルクはもしかしたら歴史上この時だけだったかも?

広告